<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お手入れしたら効果が倍増! | main | 聖品を置きっ放しにしている人は…… >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    聖品のお手入れ方法おしえます

    0

      こんにちは。

      創業21年
      株式会社シリウス
      大阪店です。

      聖品の効果を引き出す
      『聖品効果倍増計画』
      今回は、第3回目です。

      【聖品効果倍増計画その1】
      「こまめにお手入れしよう」(3)

      さて、今回は具体的な聖品のお手入れ方法についてです。
      材質別にご紹介してゆきます。

      ──────────

      【貴石】
      貴石のお手入れは、布でふいてあげることです。
      布は、フェルトやネル地など、やわらかい布でふいてあげましょう。
      繊維の硬いティッシュや、研磨剤の入っている布はNGです。石に傷がついてしまいます。
      また汚れなどがついてしまった場合、やわらかいウェットティッシュでふいてあげたり、水洗いしても良いでしょう。
      ただし、ラピスラズリや琥珀、オパールは水に弱いので注意してください。

      【シルバー】
      シルバーチェーンや灰神楽は『シルバークリーン液』で洗浄するのが一番です。
      チェーンを洗浄した後、水洗いしてふき取る際に、つよく引っぱると切れてしまうので注意しましょう。
      なお『シルバークリーン液』はシリウスで購入できます。

      【K18、プラチナ】
      K18やプラチナには『ジュエルクリーン液』を使いましょう。
      材質によって用いるクリーン液が変わりますので注意しましょう。
      わからない時はシリウスまでお問い合わせください。

      【チェーンやヒモが切れた場合は・・・?】
      シリウスに連絡して修理してもらいましょう。
      なおチェーンやヒモには聖品のエネルギーはチャージされていません。
      ですので市販されている物を新しく購入しても良いです。
      ただし、連珠ブレスレットのゴムが切れてしまった場合は、自分で直さずに修理してもらいましょう。

      ──────────

      以上、見てきたように聖品のお手入れは、それほど難しいものではありません。
      ちょっとしたお手入れで聖品をキレイにすることができます。
      前回E・Mさんも話していましたが、お手入れしたあとの聖品はピカピカと輝いていて、ながめていると、こちらも嬉しくなります。
      皆さんも、さっそく聖品たちのお手入れをしてあげましょう。

      ○クリーナー液のご購入はシリウス各店まで。
      ・『シルバークリーン液150ml』
      ・『ジュエルクリーン液150ml』
      ・『ハガティクリーンキット ジュエル シルバー』





      シリウス東京店03-5457-2678
      シリウス大阪店06-4802-0201
      シリウス静岡店055-926-6545

      ネットはこちら
      http://www.kakuseki.com/index.php?dispatch=categories.view&category_id=24

      (監修:伯翠剣師)
      (文責:頼外記)

      ━━━━━━━━━━
      毎日24時まで電話コンサルティングを行っています!!
      ■□■□■□■□■□■

      ☆★☆★☆
      株式会社シリウス 大阪店
      TEL:06-4802-0201
      FAX:06-4802-0203
      e-mail:zyx-osaka@dragon-cross.co.jp

      核石のご購入はこちら
      http://kakuseki.com/

      核石無料カタログ請求はこちら


      sirius-osaka * お知らせ * 12:31 * - * - * - -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 12:31 * - * - * - -
        このページの先頭へ